そらいろコーチングはどのような方におすすめなのか

このページではコーチングはどのような方にお勧めなのかについてご説明致します。皆さんも思い当たる所がありましたら、是非一度コーチングををご検討なさってください。 人生を変えるきっかけが待っているかもしれません。

◆ コーチングと心理カウンセリングのちがい     ページ下

まずはどのような方がコーチングを受けているのかについてお話を致します。心理カウンセリングと違ってコーチングにおけるお悩みの特徴は

これからこうなりたいというイメージの具現化

ごく一般的な状態からさらに良い状態への成長

であると言えます。また、心理カウンセリングにおけるお悩みの特徴は

過去に起因する辛い体験からの解放

であり、

一般的な状態に戻りたい。

というご要望が主であると思います。コーチングをご利用なさる方は、心理カウンセリングをなさっていた方の中にもいらっしゃいます。カウンセリングを継続的に実施し、通常の健康に戻ったので、より以上を状態の実現を目指したいという方です。

そらいろにおけるコーチングは2つの入り口があります。

1.最初からコーチングを検討される方

2.心理カウンセリングを卒業なさって、コーチングを実施する事になった方

です。どちらの入り口からコーチングに入るにしても、実現したい状態や夢に到達していくまでのご支援をする事は変わりがありません。

◆ コーチングの具体的なテーマ     ページ上   ページ下

少し、話を具体的にしてみましょう。

そらいろのコーチングはどのような方がご利用頂いているのかを大きくご説明しますと上記のように実現したい夢をお持ちの方となりますが、具体的には以下にご紹介するようなテーマでコーチングをご利用なさる方が多いです。

◆ライフコーチング

ライフコーチングというとわかりにくいのですが、日常生活における様々な点に関する
コーチングと なります。例えば

⇒人前で話ができるようになりたい
⇒結婚式でのスピーチを上手にしたい
⇒挫折に強い自分を育てたい

などのテーマがございます。

◆ビジネスコーチング   ページ上   ページ下

このコーチングはイメージがつきやすいテーマかもしれません。企業内でマネージャー
クラスの方に対して部下のやる気を延ばすコミュニケーション手法として研修されている
ので、実際に研修を受けた方もいると思います。これは企業が発注する研修ですが、
パーソナルスタイルとして、つまり、個人が発注してコーチングを実施する場合以下のような
テーマがあります。

⇒高い業績を維持し続けたい
⇒ストレスに負けない前向き度を身につけたい
⇒昇格した役職に対する自信を身につけたい
(役員への昇格、部長への昇格、課長への昇格などがあります。)
⇒上司や顧客先へのプレゼンテーション力の向上
⇒女性の部下とのコミュニケーション力の向上
⇒部下への配慮のない上司とのコミュニケーション力の向上
⇒部下のやる気を引き出す
⇒顧客を引き付ける魅力的な自分を作る

などがあります。

◆婚活コーチング   ページ上   ページ下

婚活といういう言葉は最近の造語ですね。就職活動を就活と省略することになぞらえて、
結婚活動という言葉を作り、それを婚活と省略したと言われています。この婚活においての
コーチングは相手の方を口説くテクニックを磨くというようなことではございません。

婚活を精力的にしながら、なかなか成就しない方の失敗パターンを見つけ、その解決に
向けてコーチングを実施するというものです。

多くの場合、出会いのチャンスが少ないから婚活が成就しないと思われています。これは
実に多くの場面で聞く言葉です。

ですが、実際は出会いの数よりも、出会いを成就させる段階が上手にステップアップできな
い事に問題があるという事が多いのです。そういった点を踏まえ

⇒出会いを成就たいと思う
⇒出会い力をアップさせたい
( 出会い力とは、出会いの少ない職場でも紹介される事が増えるような
自分の魅力の磨き方と思って下さい。 )
⇒自分らしい魅力を引き出し、磨く事

以上のような流れでコーチングを実施して参ります。

◆恋愛コーチング   ページ上   ページ下

恋愛におけるコーチングは婚活コーチングとは少し違います。結婚を意識する段階では
なく、人を好きになる段階での自分らしい魅力を磨き、向上させるということが大切なポイント
になると思います。

⇒自分らしい魅力を見つける
⇒自分らしい魅力を磨き、より魅力的にする
⇒恋人の気持ちを察する力を磨く
⇒恋人を受け止める心の広さを身につける
⇒より素敵な自分と恋人との未来を描けるようにしたい

以上のようなテーマでコーチングを実施致します。

◆苦手意識、トラウマ除去コーチング   ページ上   ページ下

このテーマは少し、重いテーマになることがあります。心理カウンセリングとの関わりあい
も出てくるテーマです。苦手意識やトラウマは過去の体験から発生していますが、その体験
を乗り越えて自分なりに消化できていない状態で現在まで影響が残っていると思われます。

このような時にはイメージの中で苦手意識やトラウマを除去できるテンポラルダイナミクスと
いう手法を使ってトラウマを除去します。

この手法で心を見つめることにより、コーチングより先に心理カウンセリングを実施したほう
が良いという展開になることもございます。

⇒昔から狭い所が苦手で困っている
⇒どういうわけか地下室が苦手
⇒人前に出ると汗が出て話せなくなる
⇒どなり声を聞くとパニックになる
⇒背後に男性が立つと怖くて声を上げたくなる
⇒どうせ自分はだめと思いこんでしまう

などのテーマでコーチングを実施致します。

◆夢実現コーチング   ページ上   ページ下

夢の実現というと非常に大きなつかみ所がない状況をコーチングのテーマに選ぶように
感じられるかもしれませんが、実は絞り込む事によってとても素敵な自分を発見できる事に
つながる事があります。

⇒ラーメン店を開業したい
⇒ネイリストとして開業したい
⇒心理カウンセラーとして開業したい
⇒海外でのボランティア活動に参加したい
⇒自分が辛い思いをしたので、同じような思いの方をサポートしたい
⇒ペンションを開業したい
⇒なにか人の役に立つことがしたい
⇒人から素敵と言われたい
⇒海外旅行に頻繁に行けるようになりたい

などがテーマとして上げられます。
一見、どうしてコーチング?と思われる方もいらっしゃるでしょう。確かに、場合によっては
コンサルタントに依頼した方が早いと思える場合もあると思います。

例えば小規模店舗の開業などは正にそうですね。店舗の開業などはその道のプロのコン
サルタントに依頼をした方が早そうに思えますね。

その点はこのようにお考えになられてはいかがかと思います。

すでに開業の決意すませ、資金調達も可能な状況で意欲も充実しているのでしたら、
コンサルタントへのご依頼が良いかもしれません。

ですが、いずれやりたいと思っているけど、いつも諦めてしまうことが多く、行動に移せない
事が多いので、自分を動機づける所からスタートしたい場合はコーチングが向いていると
思います。

以上のように考えて頂ければコーチングが活きてくると思います。

◆ コーチングは背中を押して欲しい方のためにある    ページ上   ページ下

以上、コーチングの具体的なテーマをご説明して参りましたがいかがでしたでしょうか。コーチングはまだまだ皆さんに知られていないメンタルサポートの手法ですが、これからはますます注目を受けていく可能性があります。

例えば、

鬱病になってしまってから何年も心理カウンセリングを受ける

という事と

メンタルが弱いからコーチングを受けて挫折に強い自分を育てたい

上記の2つのテーマを考えた時、どちらが良いでしょうか。そうです。下のテーマのがより発展的ですよね。ですが、現状は精神疾患になるまで自分を我慢させ、その後に心理カウンセリングを受けるという状況が圧倒的に多いのもまた事実です。

スピードコーチング社のクリス岡崎氏はコーチングで自殺者をゼロにしたい、と言います。

一般的な感覚からすると少し変と思われるかもしれませんね。自殺者を減らすなら心理カウンセリングと思われる方のが多いのが現実です。しかし、クリス岡崎氏はコーチングでその事に取り組みたいと言います。

それは、辛い状況まで落ちた方をサポートするのではなく、落ちない強さや元気を広めたいという考え方なのです。

つまり、億万長者を目指してポジティブ全開の前向き人間を作るためのコーチングもございますが、もっと自分を成長させたい、自分の柔軟性を育て、しなやかで折れにくい自分を育てたい、という考え方もまた、大切であると思うのです。

上記の考え方は心理カウンセラーである私がコーチングに取り組んだため、そらいろコーチングの特徴と言えるかもしれません。

特別に成功したい一部の超前向きな方のためのコーチングにとどまらず、今の自分を少しでも成長させたい全ての方がそらいろコーチングをお勧めしたい方となるのです。

是非、一度、ご検討なさって見てください。

シェアする

フォローする

トップへ戻る