目のチェックでわかること

目の学校では、お子様の『視覚機能チェック』 『発達チェック』
ができます

目の学校の 『目のチェック』 は、
お子様が正しく目を使う技術を身につけているのか
知っていただけるチャンスなのです!

目のチェックの仕方

  チェック前 アンケート

保護者の方から見たお子様の気になる部分

アンケート用紙にチェック・記入をしていただきます

お子様にも同様のチェック記入をしていただきます

 眼球のコントロール検査

お子様がどのように目を動かしているのか
眼球の使い方が正しく機能されているのか、
眼球の動きを確認します

・遠くや近くのものを目で追えるか

・目標物に両目で焦点を合わせられるか  など

 身体の反射チェック

簡単な動きを、トレーナーの真似をして行っていただきます

・脳と身体が連動してバランスよく動いているか

・きちんと段階を経て発達しているかどうか

など、身体の動きを確認します

 キーストーンチェック

アメリカ直輸入の器械を使ってチェックします

こちらが『キーストーン』です

欧米では、小学校入学前にこの『キーストーン』を使って

近くを見るときも、遠くを見るときも

両目がきちんと使えているか検査します

日本では 『目の学校』 でしか受けられません

目のチェックでわかること

 チェック結果について

例えば

『近くを見るときに片目だけしか使えず、対象物を目でうまく追えない』

という結果だったとします

すると、そのお子さんは

・常に緊張して疲れやすい

・文章を読んでいる時に、どこを読んでいるかわからなくなってしまう

という、日常生活を送っているのです

このままでは、お子さまにとって大変だと思います

学年が上がるにつれ教科書の字も小さくなり、学習内容も高度になり、
板書の量も増えて行きます

黒板と手元の小さな字とのピントの切り替えも大変になります

しかし、目の使い方を改善するだけで、とても効率よく勉強や運動が
できるようになっていくのです!

ですから、 検査結果をご説明させていただき、
目の学校で、トレーニングをすることで
どのように改善していく可能性があるのか、お話させていただきます

◆本厚木校では、学校・スポーツクラブ町内会・子ども会・困っていらっしゃるお母様方の集まりなどへ

出張目のチェックを承っております。3名様以上から受け付けております。

本厚木校で目のチェックに使っている「キーストーン」は精密機器のため
持ち込めませんが、オクルーダ・ブロックストリングスといった器具を使って
チェックしていきたいと考えております。ご相談・ご質問はいつでもお気軽にどうぞ。
お待ち致しております。

シェアする

フォローする

トップへ戻る