スポーツビジョン-サッカー

目の学校・本厚木校 子どもたちの様子をUPしました。

目の学校・本厚木校からセミナー、勉強会、休日などのお知らせ

スポーツビジョンのページをUPしました。

野球のページをUPしました。
◆ キッズスポーツ勉強会について
スポーツでは目から得られた情報によって脳が状況判断をし、それに対応して体を動かします。スポーツの世界でも「ビジョン」の重要性を見逃せないのは当然のことでしょう。

そこで、

キッズスポーツビジョントレーニング勉強会を毎月第3日曜日10:30から開催しております

あなたはこんなことありませんか?
◆ ボールのスピードや位置についての判断が不安定

◆ 平衡感覚(バランス)や身体の動きが気になる

◆ 初めての試合会場ではパフォーマンスが低下しやすい

◆ 監督やコーチの指示した内容をイメージできない

◆ 状況判断が苦手で、ミスをしたり、思うようなプレーができない
これらは『練習の質や量』の問題だと思われますが、実は・・・・!!!

『目(視覚/ビジョン)』の使い方が引き起こしていることがあるのです。

心・技・体と合わせて目もスポーツにおいてはとても重要なのです!

大リーグやアメフトのチームには1チームに必ず選手の『目のケア』をする専門家
(チームオプトメトリスト)がいます。

スポーツにおける目への依存度は日常生活よりもはるかに高いからです。

● サッカー選手の場合
向ってくるボールを見る「動体視力」、ボールをキャッチしてから、パスを出す味方にピントを合わせる「焦点合わせ機能」、ディフェンスをかわすドリブル・ドリブルしながら味方を見る「周辺視野能力」などの動きが総動員されているのです。
眼はさまざまな動きをする中で、常にレーダーになってくれているのです。
ということは、もし眼に故障があればレーダーが正確に分析できないということになりますね。
もし、故障していなくてもより優れたレーダーが欲しいと思いませんか。
そんなとき、ビジョントレーニングが大きな効果を発揮します。
「見る力」を優秀にするには、レーダーからの入力回路を増やすこと!
回路が多ければ多いほど、脳での処理にかかる時間が短縮できるからです。
ビジョントレーニングは情報の入力回路を増やすトレーニングなのです。だから、反応が早くなります。
これまで、スポーツの世界では、「心・技・体」が大切といわれ、心を磨き、技を特訓し、筋力アップや基礎体力をつけることが重要視されてきました。
これからはビジョントレーニングで眼の能力を磨くことで、

ステップアップする時代になって来ました。

● 日本の現状
ビジョントレーニングは、日本ではプロの選手やオリンピック選手、国体で活躍する選手といったスポーツ上位層にしか広まっていないのが現状です。

そこで、この簡単に誰でも出来て、しかも効果がが高いビジョントレーニングを、サッカーを真剣に取り組んでいるお子さんにお勧め致します。
視力が良くてもビジョンに問題があるために、本来の実力を出し切れていない、小・中・高校生にお伝えして、もっと技術を向上させて、サッカーで好成績をおさめてもらいたいと考えております。
現代の子どもたちは、ゲームやテレビや携帯電話といった小さな画面を、近くで長時間見ている時間が増えています。
特に高学年になってから急に『視力が落ちた』と感じているお子さんの大きな原因にあげられます。するとだんだんパフォーマンスの質が低下し、スポーツ面だけではなくメンタル面においてもいい影響を与えません。
実際、視力には問題ないのに、『よく見えない』から、人の話がイメージできない、どうプレーしたらいいのか理解できていないのに、うまく相手に伝えられないといった

コミュニケーション能力に不安を抱えているお子さんが多いのです。

あまり外で身体を動かさず、ゲームばかりしていると、五感が鈍くなり、
周りを見る力【周辺視野】、動いているボールや相手プレーヤーを追う力【動体視力】
眼からの情報をもとに動く【目と脳と体の協調性】、自分の相手との距離感【空間認識】がどんどん衰えていってしまいます。
この状態でいくら技術練習をしても成果はなかなか上がらないですよね。
そこで、眼球運動機能、焦点合わせ機能、周辺視野能力、動体視力、空間認識といった、日常生活で使えていない部分をトレーニングし、グレードアップするのがビジョントレーニングなのです。
すると今までできなかったパフォーマンスが発揮できるようになり、短い練習量で2倍、3倍の技術力が身についてきます。
さらにはメンタル面の強化にもなり、本番に強い選手になっていくのです。

シェアする

フォローする

トップへ戻る