アダルトチルドレン回復への手記

このページははアダルトチルドレン(AC)の自覚があって生きづらいという方の回復を実感したときの手記をまとめました。ご参考にして頂ければ幸いです。

もし、ご覧になられて、
●自分の場合はどうなんだろう、治っているのだろうか
●自分の家族、パートナーの場合はどうなのか
●自分の回復事例も読んで欲しい
などお感じになられることがありましたら、遠慮なくご連絡、お問い合わせをください。
お待ち致しております。

◆ このページの目次です。 ◆

●アダルトチルドレンについては別ページです。
●小さなもう一人の自分と向き合うお手紙 アダルトチルドレン(AC)の回復者さんより
●アダルトチルドレンACと向き合い、つらさを軽減できた方の事例のご紹介

⇒うちのが変わった
⇒したいからする
⇒食事(ラーメン)を作るとき責めなくなった
⇒買い物に行く時気が楽になった
⇒散歩、海、公園に行ってのんびりできた
⇒子供や自分の病気との向き合い方が変わった
★★ 小さなもう一人の自分と向き合う手紙 ★★
ここでは内なる子供と向き合うことを取り上げてみたいと思います。
※今回取り上げますのは実際のカウンセリング事例です。クライアントさんが自分の事例が少しでもお役に立てるのでしたらご紹介くださいとおっしゃってくださいました。

名前などは全て仮名とし、内容も多少の修正があることをご理解の上、お読みくださいませ。

尚、ご協力を下さいましたAさん。この場をお借りして感謝の気持ちをお伝えしたいと存じます。ありがとうございました。

先日、ACであることを自覚されているクライアントさんが、

「自分は子供のときに子供らしさを実感したことがない、子供の
頃から小さな妹たちの身の回りの世話をし、小学生の頃から
お母さんの代わりをしてきました。だから、楽しい思い出なんて
ないんです。

今こうしてカウンセリングを受けていて、子供のころを思い出し
ていると、受け止めてもらえる状態なので、子供の頃の自分が
心の中にいる感じがして、何か言いたがっている感じがします。」

とおっしゃられました。

どんなことを言いたいのか、ゆっくりと自分自身で受け止めてもらい、お手紙にされては如何でしょうとご提案申し上げました。

そして下記のようなメールが届きました。
説明

おねぇちゃんはクライアントさん自身です。
めぐちゃんは子供の頃の自分です。
○で始まる文章は私井上からの返信です。
せんせいへ

おねぇちゃんは めぐちゃんのことわがままっておもってるから、

あまえんぼうでなきむしだからがまんしなさいって…

だからかくれてたの

○そうだったんだね。おねぇちゃんは、がまんする子がいい子だと思ったんだね。
でもね、子供のうちは、ガマンよりも思いっきりあそんで、わらって、泣いて、甘えたほうが楽しいよね。
(^.^)

そしてそれがとっても大切なんだよ。

めぐちゃん、わかるかな。

だから、あんまり心配しなくてもいいんだよ。おねぇちゃんにはよく言っておくね。

このあいだ せんせいが おはなし してくれて

うれしくて でてきちゃった

○そうなのね。お話しができてよかったね。(^.^)

おねぇちゃんは ちょっと こまってる とまどってる みたい

○そうだったんだ。じゃあ、あとで、先生からおねぇちゃんに心配しないでねって言っておくね。おねぇちゃん、びっくりしたのかな。

めぐちゃんはよくわかんない。ずっと おねぇちゃんのなかにいたから。

おねぇちゃんのじゃまを しないようにおりこうさんに してただけだから

めぐちゃんも せんせいと お話 したかったの

めぐちゃんより

○めぐちゃん。よくおてがみくれましたね。また先生と
はなしましょうね。先生も楽しみにしてるね。(^.^)

おねぇちゃんへ。

めぐちゃんがわがままをしたい時は、できるだけ、かなえてあげてくださいね。

まず、甘える。甘えられると自分を受け入れてもらったことを嬉しく思い、満たされ、その後に人を思いやる気持ちが育ちます。そう思ってあげてくださいね。宜しくお願いします。

めぐちゃんの満足は自分らしさを発見し、個性を作っていく第一歩になりますね。(^.^)

そらいろ先生より。
Aさんが自分の中のもう一人の子供の自分と向き合えた瞬間でした。この後、Aさんはめぐちゃんと向き合いながら生活することになりました。

すると、自分の気持ちとめぐちゃんの気持ちが違うことが随分とあることに気がついたのです。

Aさんは自分の本心とは違うのにやっていることが沢山あることに気づき、自分自身の考えを抑えることの多さに気がついたそうです。

皆さんも自分らしさって何?と思うことありますね。自分が子供になったつもりで、子供の自分が本音で手紙を書いてみると、見えてくる事があるかもしれません。

今回のカウンセリング事例はあくまで一例のご紹介です。いろんなやり方がありますので、皆さんなりに試してみてくださいませ。

最後にAさんのご協力に心から感謝申し上げます。

シェアする

フォローする

トップへ戻る