カウンセラー 高山 九 自己紹介

このページでは、カウンセリングルームそらいろ 認定心理カウンセラー、高山 九(コウヤマ キュウ)の自己紹介をします。
どのような心理カウンセラーなのかを見て頂き、ご納得を頂きました上で、お問い合わせください。
カウンセラーとの相性を確認されたい方は無料のお試し電話カウンセリングをおすすめします。
ブログも書いているので、よかったら読んでみてくださいね(^^)

カウンセリングルーム そらいろ 小田原ルームのブログ

1.私は、こんな人です

部屋の片づけは苦手です

靴下と靴は左足から履きます

一年中、手が温かいです

人見知りをあまりしません

料理は一部得意です

2.カウンセリングに出会うまで

自身の心の悩み

心理カウンセラーになる以前、私はコールセンターやヘルプデスクを運営する会社に勤務しておりました。

その際に同僚とのいさかいが起こり、会社に行けなくなるほどつらいと思うようになりました。

会社に着くと、手の震えや吐き気などがし、1時間と業務を続けられない日が続いたため、会社の福利厚生にあった心の電話相談サービスを受け、その後精神科受診と心理カウンセリングを受けることにしました。

精神科では医師と3分ほど会話し、薬をもらうだけでしたが、併設されているカウンセリングルームでは1回につき60分ほど会話し、その時に心の緊張がほぐれていくのを感じました。

会社を休業して何回かカウンセリングを受けているうちに、自分の心の癖のようなものがわかりました。

またカウンセラーに受け入れてもらっているという安心感から自己肯定感が強くなり、会社に復帰することが出来るようになりました。

同僚の心の悩み

その後、会社でリーダーの役割を与えられた時に、心に悩みを抱えているメンバーに接するようになりました。

その時、話しを聴く、ということを丁寧に実施していくうちに、心の距離が縮まっていき、それに伴ってメンバーのやる気が上がっていくのを感じられるようになりました。

家族の心の悩み

また当時家族が会社でパワハラに遭い、会社に行けなくなってしまうほど心を病んでしまいました。そんな時に代表の井上に出会いました。

数か月のカウンセリングを続けていくうちに家族の状態もよくなっていき、仕事ができるようにまでなりました。

その時私は、傾聴と共感にこれほど人を癒し、本来の自分を取り戻す手伝いが出来る力があるものかと大変驚き、感動しました。

上記3つのエピソードが、私がカウンセリングをもっと深く勉強し、カウンセラーとして人助けをしたいと思うようになったきっかけです。

以下に、カウンセラーとしての自己紹介をまとめますので、ご覧になってくださいませ。

3.自己紹介

相談室名称

心理カウンセリングルーム そらいろ  小田原ルーム

氏名

高山 九(こうやま きゅう)

年齢

1980年1月生まれ 37歳

所在地

〒250-0865

神奈川県小田原市蓮正寺125-9 JSビル 507号室

小田急小田原線 蛍田駅から徒歩7分です。

電話番号・メールアドレス

電話番号 070-4350-7775

■初回無料お試しカウンセリング(電話・面談共に)に対応しております。まずはお気軽にお問い合わせください。お電話をいただきましたら、こちらから折り返しますので、通話料のご負担はございません。ご安心くださいね(^^)
メールアドレス q.kouyama@kokoro-sorairo.com

カウンセリング料金

カウンセリング料金は面談と電話とで異なっております。以下をご確認ください。

面談カウンセリング
60分 6,000円
90分 8,500円
120分 11,000円

電話カウンセリング
15分 1,250円
30分 2,500円
60分 5,000円

以降15分ごとに1,250円追加となります。

電話カウンセリングは前払いとさせていただいております。2回目以降についても基本的に前払いをお願いしておりますが、緊急対応が必要な場合は後払いも承っております。

なお、初回お試しカウンセリングについて、小田原ルームでは面談と電話の両方を承っております。

面談カウンセリングの場合は、初回無料お試しカウンセリング30分に追加料金をお支払いいただくことで、60分や90分といった時間枠でのカウンセリングも可能です。

その場合、料金は以下の通りとなります。

初回お試し無料カウンセリング+通常料金
60分 3,000円
90分 6,000円
120分 8,500円

カウンセリングをお受けできるお悩み

アダルトチルドレン

うつ病

夫婦関係

恋愛

育児

会社内での人間関係

アンガーマネジメント

その他各種精神疾患療法

療法

・来談者中心療法・認知療法・認知行動療法・精神分析的療法・メンタルトレーニング上記療法から単独で実施する、あるいは複数を組み合わせるなど、効果的に使い分けるように致しております。ただし、メンタルトレーニングは単独で実施することがございます。

カウンセラーとして大切にしていること 、心がけていること

室長である井上と同じく、クライアントさんにとって

・きちんとお悩みを解決できる存在
・心の病やアダルトチルドレンの辛さから実際に回復することをお手伝いできる存在
・安心できる存在
・信頼できる存在
・何でも話せる存在
・わがままを言える存在

であることをとても大切にしております。

クライアントさんに対して、決して

・嫌ったり
・呆れたり
・軽蔑したり
・冷ややかな眼でみたり
・心の距離が離れたりしない

ということを常に心がけています。

クライアントさんがようやく見つけた自分を理解してくれる存在がカウンセラーである場合が多いものです。

何でも安心して『心の闇』を吐き出せるようにすることが大切だと思っています。

クライアントさんに心の筋肉をつけて頂き、カウンセリングが終了したら、

一人で

・元気で
・明るく
・前向きに

生きていけるようにプラス思考を身につけていただくことを大切にしています。

以上の事をカウンセラーとして大切に致しております。

資格

心理カウンセラー(カウンセリングルームそらいろ認定)

心理メンタルトレーナー(そらいろメンタルトレーニングジム認定)

マリッジアドバイザー(日本仲人連盟認定)

私の略歴

カウンセラーになる前はこんなことをしていました(^^)
神奈川県小田原市にある病院で生まれました。

その後、高校生まで神奈川県足柄上郡にある山北町で育ち、学生の時は都内で暮らしていたことがあります。(調布市、杉並区)

社会人の入り口は、神奈川県小田原市にある飲食店でのホール業務でした。この時にホスピタリティやクレーム対応などについて学びました。

その後外食コンサルや結婚式場などでの勤務を経て、ヘルプデスクやコールセンターを運営する会社に勤務いたしました。(神奈川県川崎市)

その際にプロジェクトリーダーとして、日本の大手上場企業にて

・ヘルプデスク運用
・メンバーの育成
・工数管理
・業務アプリケーションの設計変更
・顧客への運用改善提案

などを実施しました。

この時にカウンセリングと出会い、自分自身と向き合った末、心理カウンセラーへの道を選択することになりました。

・子どもの頃の私

幼稚園の頃は大きな木のブロックで作った要塞を、いじめっこに取られて泣いていました。

男の子よりも女の子とよく遊んでいました。

動物をよく拾ってきました(ネコ、ハト、トカゲなど)

大きくなったらなりたいものは「バナナ屋さん」と「ライオン」でした。

なぜかライオンになることができませんでした。

小学校の頃は昼休みになるとよく図書室で本を読んでいました。

遅刻魔、忘れ物大将、とあまりいいニックネームをもらえませんでした(^_^;)
先生の話はあまり聞いておらず、窓際の席になった時はよく校庭を眺めていました。

正義感が強く、いじめられている子がいるとよく守っていました。※ケンカは強くなかったのですが、、、、

・好きな食べもの

アイスクリーム、チョコレート、ケーキ、鶏の唐揚げ、玄米ご飯、ピザ、さつま揚げ、パクチー、おにぎり苦手な食べもの しいたけ(香りが苦手です、、、)

・趣 味

・ハイキング(箱根の山はほぼすべて登りました(^^))
・空をぼーっと眺める(雲が出ている空が好きです。彩雲を見つけるととても嬉しいです)
・流れ星を探す(なかなか見つかりませんが(^_^;))

また自分を癒すために、

・アロマオイルを調合してオリジナルオイルを作る
・天然石ショップに行って石を眺めること(買わない(笑))
・セルフマッサージをすること(指にタコが出来ています(^_^;))

などが好きです。

富士山はこれまで5回くらい登頂しています。よかったら一緒に山歩きを楽しみましょう(^^)

・家族構成

5人兄弟の3番目です。長兄は10歳年上、次兄は5歳年上、弟は2歳年下、妹は5歳年下です。
実家では小さなころから絶えず犬や猫を飼っていました。私は猫や鳩を拾ってきて親を困らせていました(^_^;)

いずれまた猫と一緒に暮らしたいと思います(^^)

シェアする

フォローする

トップへ戻る