009 アダルトチルドレングループメンタルトレーニング

アダルトチルドレンの  グループカウンセリング   自助グループをお探しの方へ       募集中

『アダルトチルドレン   グループカウンセリング』

アダルトチルドレンを自覚されてから何年も治らないで
辛い日々を過ごされていらっしゃる方は多いのではないかと
感じます

グループカウンセリングで、お互いに抱えている悩みに
共感でき、受け入れてもらえたという実感を育てていきます

そしてここが、「安心できる、心の支えになる居場所」
になれれば幸いです

※マンツーマンコースもございます

講師  心理カウンセラー
メンタルトレーナー  石井 真名美
開催日はお知らせのページをご覧下さい
定員 9名    参加締切は、前日の19時までとなります
(席数の都合上、9名とさせていただきます)
ACGCについてのお問い合わせは、 石井 真名美の携帯へ
お願い致します   →  090-8103-3344

尚、カウンセリング中などで出れない場合もあります。
非通知解除してお問い合わせ下さい。
◆ アダルトチルドレンACの自助グループをお探しの方へ
心理カウンセラー、メンタルトレーナーが主宰する
アダルトチルドレンacグループカウンセリングのご提案です。
アダルトチルドレン、共依存であることを自覚されてから、何年も治らないで辛い日々を過ごされていらっしゃる方は多いのではないかと感じます。アダルトチルドレンという心の癖が身についてしまうと、うつ病、パニック障害、強迫性障害などの精神疾患原因になることもあります。

この辛さを自助グループにて解決したいと考える方も多いのではないかと思います。
自助グループの良さは私も認めるところです。
実際にクライアントさんに通ってみることをお勧めすることもあります。

自助グループでの主な期待効果としては、
問題を共有し、同じ苦しみを分かち合い、安心できる居場所とする。
そこで、カウンセリングルーム そらいろでは
【 アダルトチルドレンACのグループカウンセリング 】をご提案します。
● そらいろジムのACグループカウンセリング
カウンセリングの時に、ACでお悩みのクライアントさんから伺うのは、「ACの自助グループに参加して、同じACを経験された人達と、お互いに辛い気持ちを話せて良かった。」という声です。
しかし、「前向きに自分らしく生きていきたいのに、なかなか回復できないでいる」というお話を多くお聞きすることがあります。
そういったお悩みの方が参加できるように、

□心の痛みや苦しみを開放できることで、お互いに悩みを共有することで安心感を得られる。

□自分という存在価値を受け入れることで、生き生きと過ごせるようになる。

などを目的とした、カウンセラーが中心に行う「グループカウンセリング」を開催しております。
「自分のこんな話をしたらダメかな」と思ってしまうかもしれませんが、抱えている悩みや苦しみを、心の声(感情)にして話してみましょう。
自分がどんなふうに思ったか、素直の話していくことができると、お互いに抱えてる悩みや苦しみに共感できるようになり、受け入れてくれたという実感が芽生えていきます。
このグループカウンセリングが、みなさんにとって、自分らしさを探すことで「安心できる、心の支えになる居場所」になれば幸いです

最初は少人数で開催になります。
このグループカウンセリングにご興味のある方がいらっしゃいましたら、
お問い合わせ、お申し込みお待ちしております。
◆ 目次

1.アダルトチルドレン(AC)

2.グループカウンセリングと自助グループの違い

3.参加されることによる期待される効果

4.参加されることによっての心の変化

5.グループカウンセリング開催について
1.アダルトチルドレン(AC)についてはこちらをご覧ください。

2.自助グループとビアカウンセリング・グループカウンセリングとの違い  このページの目次へ
・自助グループについて

自助グループとは、何かしらの問題や悩みを抱えた人が、同じような共通する問題を抱え
ている人達が運営しているグループです。
参加者同士がお互いの抱える悩みや問題を話し、お互いに確認し合い共有します。
・ピアカウンセリングについて

ピアとは仲間を意味します。
ピアカウンセリングとは、同じ背景を持つ人同士が対等な立場で話を聞き合うことで、お互
いの苦しさ、辛さを話し合うことにより、辛さを分かち合い、助言しあっていくことです。
ピアカウンセラーは同じ悩みを共有する仲間として相談に乗り、一緒に解決策を考えて行き
ます。

・グループカウンセリングについて

グループカウンセリングは、1対1で行われるカウンセリングとは異なり、5名から10名程
度の方とカウンセラーが行うカウンセリングです。個人でのカウンセリングとは違う効果を
狙ったものです。
3.グループカウンセリングに参加されることによって期待される効果  このページの目次へ
・同じようなことで悩み、問題を抱えているもの同士が出会い、支え、支えらることで仲間が
できる。また、心の支えになる安心できる居場所を得られる。
・自己開示ができるようになる。
自分自身が抱えている悩みや問題をありのままに、感情を開放しながら話せる。
・自己愛を育てられる。
自分の話を共感してくれたことを実感できるようになると、受容感、安心感得られて、
自分を大切にしようという気持ちがもてるようになる
・自分らしく生きることを練習する
日々の出来事を話していき、自分の日常を受容してもらえた安心感をもてるようにする。
・気になる楽しみを実施できるようになる。
子供の頃から我慢してきたことを思い出して頂き、今の自分に可能な限り、わがままを
かなえてあげたいと意識してみる。
・参加された方の様々な問題や意見、考え方に出会い、価値観や見え方、捉え方が広がる。
そして、集団の場に慣れることができる。
・様々な価値観を持つ方とふれあうことにより、肯定的に受け止めていこうと思える。
・同じような悩みを持つ方とのふれあいにより、自分だけが苦しんでいるのではないと感じる。
そして、解決したい仲間と言う意識が生まれ、相互に助け合うことができる。
・メンバーそれぞれの社会経験や辛い体験を相互に共有することにより、一人一人の育成
につながる。
・参加費用が安いこと。

などがあります。勿論、いい事だけではなく、好ましくない点もあります。
デメリットは、
・メンバー相互での価値観の違いによる人間関係のトラブルになってしまうことがある。
・他のメンバーの何気ない一言が自分を苦しめたり、傷つける原因になってしまうことがある。
・1人の話を深く掘り下げることが出来ないので、自分の話を沢山聞いて欲しい時は、不満
足感が残る。
・なかなか自分の事を話せない人は参加度合いが下がってしまう。
などです。
4.参加されることによっての心の変化        このページの目次へ
①他人や世の中の人に対して信じられない気持ちがあり、「自分は何をしてもダメなんだ」
と自己否定感を抱えていて、本当に自分を受け止めてくれるか心配になり、不安感や
緊張感がある。

②抱えていた悩みや問題を吐き出していき、感情を解放する。そして、話すことで自分が
どんなふうに感じているのかを知る。

③話したことを否定されることがなく、受け止めてくれたという安心感が芽生える。
また、心にあった辛い気持ちや痛みが和らぎ、何でも話たいと思えるようになる。

④受け止めてくれたという安心感を持てるようになると、回復できると期待ができて、しっかり
と自分と向き合い治していこうと思うようになる。

⑤ここで、そらいろのグループカウンセリングでは、

・メンタルトレーニング
・コーチング

を取り入れていきます。
5.グループカウンセリングの開催について        このページの目次へ

・開催場所:そらいろメンタルトレーニングジム
(目の学校・本厚木校に併設されている、メンタルトレーニングジムです)
・開催日:毎月1回(各120分のグループカウンセリングになります。)

・参加対象者

うつ病    双極性障害   適応障害   強迫性障害

パニック障害    社会性不安障害

・メンバーの数:最大で10名(参加される方が1名でも開催。)
・参加費用: ・  4,320円(2160円施設利用料込み)
他の講座に参加されている場合は、 2,160円となります。

・個別のカウンセリングをご希望される場合(要予約)

初回30分のご相談は無料になります。それ以降は有料となりますのでご了承くださいませ。

・グループカウンセリングに参加される方へお願い

・お互いに、問題や悩みを抱えて参加されます。安心してお話ができるようにしていきたい
と考えておりますので、否定したり、誹謗中傷する発言をされることがある場合は、ご参加
を控えていただく場合がございますのでご了承くださいませ。
ACGCについてのお問い合わせは、 石井 真名美の携帯へ
お願い致します   →  090-8103-3344

尚、カウンセリング中などで出れない場合もあります。
非通知解除してお問い合わせ下さい。

シェアする

フォローする

トップへ戻る