境界性人格障害

 そらいろでは、精神科、心療内科に通院されている方に対して、心の痛みを和らげるためのカウンセリングを積極的に承っております。また他の科のご病気を患っている方のカウンセリングも承っております。

ご依頼をされる場合は、必ず以下のことを事前にご連絡下さいませ。

・病歴

・医師より告げられている病名、障害の名称

以上は、カウンセリングの効果を高めるためにもご協力をお願い致します。

●特徴(境界性人格障害)と症状

 ボーダーラインともいい、日本では近年、青少年(とくに女性)に非常に増えてきました。 感情が非常に不安定、衝動的で怒りっぽく、欲求を抑えられずに泣きわめくこともあります。

 自分という人間がつかめず、一貫した価値観をもちません。愛情欲求が強く、孤独に耐えられずに、見知らぬ友人を友人として受入れたりすることもあります。

 相手の全てが好きか、全てが嫌いと極端で、その評価をたびたび変更します。辛いことが起きると、リストカットなどの自傷行為や自殺未遂を繰り返すこともあります。

■治療とカウンセリング(境界性人格障害)

治療

 人格障害の治療法はまだ確立していないと言われています。 放置すると、アルコール、薬物乱用や、他の精神障害を合併することもあります。状態によっては入院も必要です。

 状況に応じて抗不安薬、抗精神病薬、抗うつ薬、精神刺激薬などが処方されるようです。

 人格を変えようとするよりも精神療法で社会に適応可能な考え方や行動が出きるように導く方法が選ばれるようですが、治療者との信頼関係が大きなポイントになるようです。

カウンセリング

 カウンセリングを受けにこられる方の多くは、激しい感情をどこに向けたらよいのか分からなくなっている状態でいらっしゃいます。

 また、そのために恋人や友人を失っている方も多いので、まずは、カウンセラーに対してどのような感情も安心してぶつけて下さいとお伝えします。

 カウンセリングルームそらいろが、クライアントさんにとって自分を吐き出せる、我がままを出せる場所であることを確認して頂き、様々な不安、辛いことをお話しいただきます。

 その後、辛い思い出をお聞きし、その書き換えを行ったり、具体的に困っている事例をお話し頂き、どうやって対処したほうが良いのかを一緒に考えていきます。

 心を軽くする方法と、周囲と上手くやっていく方法をお一人お一人に合わせて考えて生きます。

 この病の特徴ゆえに理解されず、絶望感に苛まれている方が多いのがこの障害のつらいところです。そらいろが、よき理解者となることが出来ればと切に願っております。

どうしようかな?と迷ったら事前の相談をしてみましょう。事前の相談は無料です。ご納得行くまで質問してくださいね。(^.^)

●心理カウンセリングルーム そらいろ のご案内

当ルームは心理学という技法を通じて皆様のお悩みの改善、回復するための支援を致しております。

また、回復のみならず、さらなる発達、成長についても、応援させて頂いております。話をお聞きするカウンセリングのみならず、成長、発達を目標に置いた支援も行っております。

精神疾患の回復支援も積極的にお手伝い致しております。

うつ病、パニック障害、双極性障害、強迫性障害、統合失調症などの回復のお手伝いを積極的に行っております。ほかにも、アダルトチルドレン、HSP、恋愛、不登校、引きこもり、などの回復支援も積極的に行っております。

神奈川県の厚木市内、相模原市、横浜市、川崎市、藤沢市、鎌倉市、茅ヶ崎、平塚、大磯町、二宮町、小田原市はもちろんのこと、東京都、静岡県、埼玉県、千葉県からも通って頂いております。

また、海外在住の方のオンライン支援も実施いたしております。