ご家族のお悩み、カウンセリング

 カウンセリングルームそらいろでは、成年したお子さんと親御さんの人間関係については家族のお悩みとして扱っております。

・子供の気持ちがわからない。
・子供がひきこもり、ニートになってしまった。
・子供が連れてきた恋人、結婚相手との不仲。
・両親あるいはどちらか片方の親との不仲。
・自分の結婚に親が反対する。
・自分の親と嫁の不仲

などが主にカウンセリングでお受けするご相談内容です。

 家族の人間関係におけるお悩みは一緒にお住まいになる時間が長いほど、問題も深くなってしまいがちです。

 多くの場合以下のような流れで解決が出来ると思います。

 

1.気持ちの開放

 先ずは辛いお気持ちを聞かせてください。今まで溜めてきたつらい思いが沢山あると思います。それらを全て吐き出せた時、スッキリとしたお気持ちになれると思います。

 

2.どうしてこうなったのか、理由を見つける

 全て、吐き出してみると、スッキリとするものですが、そういう状態になると次のステップに進めるものです。

 次のステップでは、一体どうしてこのような辛い状況になってしまったのかを考えて見ます。例えば、お父さん、お母さんに辛く当たられてきた、という状態であったとしても、そのお父さん、お母さんがそのご両親に辛く当たられてきたために、愛情を受けたことがないようだと分かることもあります。

 きちんと愛された覚えのないような両親が自分を育てるのだから、上手に子供に当たることが出来ないのはとても理解が出来る、などの理由が見つかると思います。

 また、上記は例としてお悩みの対象が親御さんであった場合ですが、反対にお悩みの対象がお子さんである場合もあります。この場合もまた、理由が見つかるとおもます。

 

3.これからどうするのか、考えてみる

吐き出して、理由が分かると、これからどうしようかという所が自然に見えてきます。今まで苦手だった親御さんやお子さんに対して、どうやって接していくのか。どうやって声を掛けていくのか、具体的な声の掛け方まで含めてカウンセラーとご一緒に考えて参りましょう。

 

4.少しづつ実施し、様子を見ながら修正する

 さて、ここまで来ますと、カウンセリングも進んできている実感が在ると思います。少しづつ、自分の気持ちが変わってきて、そして、相手の気持ちを察する事もある程度で来て来るとおもます。

 日々の人間関係をカウンセリングにおいてお聞かせ頂き、改善したところは大きく喜び、なかなか改善しないところは別の方法を考えたり、もう少し様子を見たりしながら、様子を見て参りたいと思います。

 決して一朝一夕に改善する事はないかも知れませんが、諦めなければいつかは家族の人間関係が改善し、良くなってくると思います。

 

 その日を信じて、カウンセラーとご一緒に歩んで参りましょう。もし、

 我が家の場合はどうなんだろう?

 と疑問に思われましたら遠慮なく

 無料電話お試しカウンセリングを受けるか、

 電話やメールでお問合せをしてみて下さい。お待ち致しております。

 

 

 

ページトップへ  カウンセリングメニュー  お問合せ