2-3-5.お母さん自身のつらさがあり、育児、子育てが難しい

2021年5月28日

 育児、子育ての目次に戻る   このページの目次に戻る

このページでは育児、子育てのお悩みのなかで、お母さん自身につらさがある場合の育児・子育てについてをお伝えしたいと思います。

・・  

-1. どのようなつらさがあるのか

育児・子育て・教育に関わるお悩みは、通常はお子さんにどう対応したらいいのかを考えて参ります。

しかし、最近ではお母さん自身が心になにかつらいことを抱えていて、それが原因でつらさが大きくなってきてしまっていることもあります。

この章ではどのようなお母さんのつらさがあるのかについてみてみましょう。実際のカウンセリングの場面で感じたことを以下に挙げてみます。

①自分の過去につらい体験がある

お母さんが過去に虐待された、育児放棄された、いじめられていた、などの経験がありますと、子供のころ、深刻なダメージを負い、育児を始める前までに回復できないこともあります。

  

②つらい体験のPTSDなどの影響が少なくなっていない。

上記の他にも、交通事故とか衝撃の体験、会社や学校での大きな失敗などが原因で不全感が大きく膨らみ、小さくできてないこともあります。

  

③子供をみていて、かわいいと思えない。

小さな時の感情の状態で大人になっても人を愛せない状態になってしまう場合があります。経験した体験がつらくて抱え込んでしまうと、

感情を表に出して守られる、という経験が少なくなってしまい、最終的には感情が出にくい状態になってしまうことが考えられます。

  

④自分に余裕がない。自尊感情がない。焦りがある。正誤にこだわる

過去に自分はこれでいい、という肯定感が育たなかったり、叱責されたり、責められたことが多いと、常に自分は失敗したり、間違えたりして周囲の誰かから

叱られるのではないか、責められるのではないかという感覚に満たされてしまうことがあります。 

それが継続してしまうと、特に具体的な原因がなくても漠然と不安、緊張、焦りが続いてしまい、このような状態になることがあります。

  

-2. 改善の方向性

 育児、子育ての目次に戻る   このページの目次に戻る

上記の現状をどのように回復させていくのかを書きます。

   

-3. 具体的なステップ

 育児、子育ての目次に戻る   このページの目次に戻る

その方向性を具体的にするとこんな感じです。

   

  

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

●心理カウンセリングルーム そらいろ のご案内

当ルームは心理学という技法を通じて皆様のお悩みの改善、回復するための支援を致しております。

また、回復のみならず、さらなる発達、成長についても、応援させて頂いております。話をお聞きするカウンセリングのみならず、成長、発達を目標に置いた支援も行っております。

精神疾患の回復支援も積極的にお手伝い致しております。

うつ病、パニック障害、双極性障害、強迫性障害、統合失調症などの回復のお手伝いを積極的に行っております。ほかにも、アダルトチルドレン、HSP、恋
愛、不登校、引きこもり、などの回復支援も積極的に行っております。

神奈川県の厚木市内、相模原市、横浜市、川崎市、藤沢市、鎌倉市、茅ヶ崎、平塚、大磯町、二宮町、小田原市はもちろんのこと、東京都、静岡県、埼玉県、千葉県からも通って頂いております。

また、海外在住の方のオンライン支援も実施いたしております。