統合失調症 原因と契機 の まとめ編

2022年8月6日20_精神 統合失調症

皆さんおはようございます。

カウンセリングルーム そらいろ の 井上です。

 

神奈川県は今日は雨模様です。(-“-)

 

 

雨が降るとつらいのが気象病、雨が降るとつまらない私は、気象症状と呼ぶ?

 

 

そんなわけないですね。(^-^;

 

 

それでは今日もよろしくお願い致します。(^^)

 

 

今回は

 

 

統合失調症 原因と契機 の まとめ編

 

 

ということでお話をしてみたいと思います。

 

 

そらいろの統合失調症のホームページは

こちらになります。

 

 

良かったら見てくださいね。m(_ _)m

 

 

それでは、始めます。

 

 

 

 

統合失調症やほかの疾患、パーソナリティ障害、双極性障害、強迫性障害もしくは他の疾患であったとしても

 

 

原因と契機の問題は存在します。

 

 

そして、このお話しが概ねご理解頂けますと、原因、契機、今の辛さとの関係性を整理する事になります。

 

 

つまり、こういうことが原因で心に影響が発生し

 

 

こういうことが契機となって問題が表面化し

 

 

今のこういう辛さに至っている。

 

 

という流れの理解ができると、整理ができたことになります。

 

 

この整理を心理アセスメントともいいます。病院などでは、心理検査などを活用することもあります。

 

 

そして、この整理ができると、

 

 

カウンセリングの方向性も定まってきます。

 

 

カウンセリングの方向性というのは、この整理がしっかりとまとまれば、まとまるほど自然に定まってきます。

 

 

ですので、

 

 

統合失調症ですが、こういう対処でいいですか?

 

 

という質問があったとして、そのお答えは、整理が終わってみないと、正確にはお返事できないのです。

 

 

もし、お返事をするとなると、

 

 

この場合

 

 

ではなく、

 

 

一般的には、

 

 

ということが前提になります。

 

 

そらいろが行っている心理の勉強会などでも、この話はさせて頂くことが多いのですが、

 

 

私たちは傾向として

 

 

発生したトラブルへの対策を直ちに求める傾向がある

 

 

のです。しかしこれは正しい姿勢ではなく、本来は

 

 

発生したトラブルの発生原因、背景【心理面、環境面】を知ることで整理ができたら、

 

 

この場合、のお返事ができることになります。

 

 

このこと、とっても大切ですよね。(^-^)

 

 

こうやって整理【心理アセスメント】を十分実施できると、

 

 

クライアントさんとカウンセラーが納得できるまで話し合えた、ということでよい方向性が定まることになります。

 

 

方向性が定まると後は具体的な取り組みとなります。

 

 

いかがでしたでしょうか。

今回のお話しはここまでになります。

 

 

お読み頂き、ありがとうございます。m(_ _)m

 

●心理カウンセリングルーム そらいろ のご案内

当ルームは心理学という技法を通じて皆様のお悩みの改善、回復するための支援を致しております。

また、回復のみならず、さらなる発達、成長についても、応援させて頂いております。話をお聞きするカウンセリングのみならず、成長、発達を目標に置いた支援も行っております。

精神疾患の回復支援も積極的にお手伝い致しております。

うつ病、パニック障害、双極性障害、強迫性障害、統合失調症などの回復のお手伝いを積極的に行っております。ほかにも、アダルトチルドレン、HSP、恋愛、不登校、引きこもり、などの回復支援も積極的に行っております。

神奈川県の厚木市内、相模原市、横浜市、川崎市、藤沢市、鎌倉市、茅ヶ崎、平塚、大磯町、二宮町、小田原市はもちろんのこと、東京都、静岡県、埼玉県、千葉県からも通って頂いております。

また、海外在住の方のオンライン支援も実施いたしております。